マッチングシステム開発の発注時に注意するポイントとは?

株式会社オプスイン

近年マッチングシステムの導入や開発の検討が注目されています。

ビジネスの拡大には、企業と消費者の結びつきの強化が必要不可欠だからです。

さらに、消費者同士をマッチングさせるビジネスも拡大しています。

マッチングシステム開発について知りたい企業担当者や経営者は多いと思います。

また、発注先を探す場合は、発注時に注意するポイントを確認する必要もあるでしょう。

そこで今回は、マッチングシステムの概要とマッチングシステム開発の発注時に注意するポイントや、必要な機能、開発の流れなどを紹介します。

目次

マッチングシステムとは

一般的にマッチングシステムは、企業や個人(消費者・顧客)などをつなげるコミュニケーションのためのシステムです。

重要度が増すマッチングシステム

ビジネスにおいて、コミュニケーションは、最重要の課題ですが、近年その重要度は更に増しています。

消費者の価値観が多様化し、ひとつの決まりきった価値観だけでなく、各個人の価値観やニーズに合った商品やサービスを提供していくことが求められているからです。

また、インターネットや各種モバイル、スマートフォンの普及によって、消費者が大量の情報を手にするとともに、簡単にコミュニケーションがとれる時代になったことも、コミュニケーションの必要性が高まっている理由でしょう。

このように、マッチングシステムは、現代のビジネスにとって重要なツールであり、企業は導入を検討すべきだといえます。

マッチングシステムは今後さらに拡大していく

マッチングシステムは、広い意味で、コミュニケーションをとることを実現するシステムになりますので、システムの対象は多様になります。

マッチングシステムの代表的な例は、企業と顧客、店舗と顧客を対象に、一般的なビジネスモデルとして市場に定着しているオンラインショップや、インターネットを通じた消費者の通販利用を大幅に拡大した大手ECサイトがあげられます。

企業のオンラインショップや大手ECサイトは、すでに消費者のライフスタイルに定着していますが、契約したユーザーに料金を支払ってもらい、商品やサービスを提供するサブスクリプションビジネスなども新たなマッチングシステムとして、市場を拡大してきています。

また、企業と顧客、店舗と顧客といった企業が消費者とコミュニケーションをとるためのマッチングシステムだけでなく、個人と個人を結びつけるためのマッチングシステムの提案も増えており、市場を拡大しています。

たとえば、フリーマーケットサービスは短期間で消費者に受け入れられ、現在では高成長のビジネスモデルとして認識されています。

また、婚活をテーマにしたマッチングサイトも個人と個人が結びつくためのマッチングシステムとして市場に浸透しています。

このように、マッチングシステムは、人と人、人と企業などのコミュニケーションの間に位置するシステムであり、今後さらに拡大していくシステムといえるでしょう。

マッチングシステムの種類

マッチングシステムは大きく分類すると以下の3種類となります。

  • BtoB:企業と企業のマッチング
  • BtoC:企業と個人のマッチング
  • CtoC:個人と個人のマッチング

BtoB

BtoB(Business to Business)は、企業と企業のマッチングを行うシステムです。

企業の中には、事業を行う個人事業主や個人も含まれます。

近年のビジネスでは、業務効率化のためにアウトソーシングの導入が進んでいます。

アウトソーシングでは、企業と企業のマッチングがビジネスの基盤として、BtoBマッチングシステムの導入が必要とされています。

BtoBマッチングシステムの代表的な活用例に、クラウドソーシングサイトがあります。

クラウドソーシングサイトによって、事業を行うフリーランスなどの個人事業主だけだなく、副業をしている人までマッチングが拡大できました。

BtoBマッチングシステムは、リソースを必要とする企業とリソースを提供する企業や事業を行う個人事業主・個人のマッチングを簡易化し自由度を高めています。

働き方が多様化する中で、BtoBマッチングシステムの市場はさらに拡大するでしょう。

BtoC

BtoC(Business to Consumer)は、企業と個人(消費者・顧客)のマッチングを行うシステムです。

宿泊施設の予約やオンラインショッピング、交通サービスなど、現在の社会・経済・ビジネスを支えるシステムであり、3種類のマッチングシステムのなかで、最も市場に浸透しているマッチングシステムといえるでしょう。

BtoCマッチングシステムでは、消費者ごとのカスタマイズが進んでいます。

消費者の価値観やライフスタイルが多様化する中で、消費者ごとのカスタマイズがビジネス成功のポイントとして注目されているからです。

たとえば、オンラインショッピングサイトでは、消費者の閲覧履歴や購入履歴に応じたおすすめ商品の提案などが行われています。

また、顧客対応サービスとして、チャットボットの導入も進んでいます。

CtoC

CtoC(Consumer to Consumer)は、個人と個人のマッチングを行うシステムです。

近年、急速に市場を拡大したフリーマーケットサービスや婚活・出会い系サイトなどは、CtoCマッチングシステムの代表的な例です。

CtoCマッチングシステムによって、個人と個人がシステムを通して簡単に結びつくことができるようになりました。

たとえば、フリーマーケットサービスを活用することで、個人は簡単に商品を出品することができ、商品を探すことができます。

さらに、決済などの手続きもマッチングサービスのサイトで完了することができます。

マッチングシステムの収益化

マッチングシステムで利益を確保するためには、仕組みづくりが必要不可欠です。

収益を得るためには、一般的に下記の4つの方法があります。

  • サイトの掲載料
  • マッチング成立時の手数料
  • 月額契約費
  • サイト内の広告掲載料

考えているサービス内容から、収益を生み出す仕組みを検討しましょう。

仕組みを考えるときに心がけたいのは、サイト利用者のニーズに合っているか、斬新な切り口があるかといった視点です。

マッチングシステムはすでに市場で数多く提案されています。

ニーズを掴んで必要とされるシステムでなければ収益を上げることはできません。

収益だけを優先するのではなく、多くの人のために役立つシステム開発を行うのが成功のポイントです。

マッチングシステムに必要な機能

マッチングシステムにはどのような機能が必要なのでしょうか?

この章では、ユーザー側と運営側に分けて機能を解説します。

ユーザー側

サービスを利用するユーザー側で必要な機能は下記になります。

会員登録

ユーザーが、必要な情報を登録して、サービス利用できるように会員登録するための機能です。

ログイン・ログアウト・退会

ユーザーがサービスを利用する際に使用するログイン・ログアウト機能や、退会するときに使用する機能です。

マッチングシステムだけに限らず、ほとんどのWebサービスに存在します。

マイページ

ユーザーの個人情報や購入履歴、サービスの利用状況など、ユーザーにカスタマイズされたデータを見ることができる機能です。

たとえば、マッチングシステムを活用して購入した商品が不良品だった場合に、交換を願い出る場合などは、マイページの情報をみて問合せを行います。

また、ECサイトなどで商品を購入する際には、マイページに記録されている、個人情報や支払情報は、その都度入力しなくてもよくなります。

ユーザーの利便性を高めたシステムとして、マイページ機能は多くのマッチングシステムに存在します。

案件登録

マッチングに必要な情報を登録する機能です。

一覧・検索・絞り込み

マッチングサイトは情報量が多いので、ユーザーが効率的に活用するためには一覧機能が必要です。

たとえば、BtoCのオンラインショッピングやCtoCのフリーマーケットでは、膨大な商品やサービスの情報を管理し、ユーザーに見やすく表示しなければなりません。

このような場合、一覧機能が解決策になります。

また、一覧にするだけでも扱いきれない情報量になる場合が多いので、検索機能や絞り込み機能を導入します。

お気に入り機能

ユーザーごとのカスタマイズを高めシステムの使いやすさを向上させるためにも、ユーザーが気に入った商品やサービスなどを後から一覧で確認することができる機能が必要です。

申込

会員登録だけでなく、企業と契約が必要となるザービスでは、ユーザーが企業に契約申込申請を行いますので、申込機能が必要です。

企業の収益につながるユーザーの契約には、申請が必要となるため、マッチングシステムでは申込機能の扱いやすさが重要になります。

決済

サービス利用に必要な金額を支払うための決済機能です。

メッセージ送信

サービス内で取引相手にメッセージを送ることができる機能です。

メッセージは履歴として残るので、トラブルが発生したときの対応に使えます。

プッシュ通知機能

任意のメッセージを表示や音で通知する機能です。

スカウト機能

サービス応募を待つのではなく、誘うことができる機能です。

運営側

サービスを管理する運営側で使う機能は、下記になります。

ユーザー管理

マッチングシステムを利用するユーザーの情報を管理する機能です。

サービスを提供する側と利用する側とで、それらのユーザーの情報を管理するシステムが重要でしょう。

案件管理

案件の情報を管理する機能です。

ステータス管理

登録者の進捗や状況を確認することができる機能です。

売上管理

サイト利用者がサイト内で売上や収支を可視化できる機能です。

メルマガ配信

効率的に販促活動を行うため、顧客に対して個別にメールを送ることができる機能です。

お問い合わせ

サイト利用者からの質問を受け付ける窓口となる機能です。

ページ

サイトを構成するページです。

一般的には以下のページでサイトを構築します。

  • 利用規約 :サイトを利用する上で守るべきルールをまとめたもの
  • プライバシーポリシー :個人情報の利用目的や管理の方法をまとめたもの
  • 会社説明 :サイトを運営している会社の企業情報
  • サービス紹介 :サイトで利用することができるサービスをわかりやすく一覧で紹介したもの

マッチングシステム開発にかかるコスト

システム開発は、システムを設計定義して構築する工程や、システム構築が終わった後に行う動作テストやデータ移行など、システム開発にともなうすべての工程で、コストが発生します。

システム開発の費用は、開発の段階で、どのくらいの機能を持たせるかによって、変わります。

必要最低限の機能で、システム開発を行うのであれば100万円以下で開発できる場合でも、ユーザーが希望する機能をすべて持たせていったら、1,000万円以上のコストが必要となるケースもあります。

必要な機能だけでマッチングシステムを開発しておいて、機能を追加していくことも可能です。

まずは、マッチングシステムをリリースして、ビジネスとして順調にサービス利用状況が進展していくのを確認できた段階で、追加で機能を増やしていく方法も有効です。

コストが障壁となって、マッチングシステムの導入が進展しない場合などの解決策になるはずです。

100万円以下で開発する場合、コストを抑えるためにパッケージシステムなど既存システムを流用する必要があります。

その場合パッケージシステムの使用上、機能追加を頻繁に重ねていくと今後の保守や開発が困難になっていく場合があるので注意が必要です。

マッチングシステムの発注時に注意すべきポイント

発注を失敗しないために必要なポイントは以下の3点になります。

システム要件をしっかり考える

マッチングシステムのシステム開発を発注する前には、自社が必要とするシステムの設計や定義についてできる限り明確にしておく必要があります。

自社の中に、システム開発についての知識がある従業員がいない場合は、システム設計・定義の段階から依頼しましょう。

その場合、マッチングシステムによってどのようなことが実現したいのかを確認し、システム開発を依頼するサービス企業に正確に伝えます。

マッチングシステムの発注では、発注側と受注側の擦り合わせの精度が重要になります。

システム構築前の段階で、擦り合わせが十分でない場合は、ミスマッチが起こる可能性が高くなります。

自社が求めたマッチングシステムと異なるシステムが出来上がったしまった段階で修正を入れなければならない場合、完成までのスケジュールが大幅に延期となり、開発コストも拡大します。

どのような方法で収益をあげるマッチングシステムを開発して、どのようなターゲットに向けてビジネスを展開していきたいかを明確にしたうえで、システム設計・定義を行い、発注側と受注側の擦り合わせを十分に実行しましょう。

非機能要件についても考える

非機能要件とは、システムの拡張性や信頼性、セキュリティなどの部分にあたる要件のことです。

非機能要件は、マッチングシステムが良好に運営を継続していくために必要です。

非機能要件が十分に構築されていないと、マッチングシステムが開始された後に、セキュリティ面などで、トラブルが発生する可能性が高まります。

トラブルが発生してしまうと、マッチングシステムの信頼が揺らぎ、消費者に認められるシステムとして存在することが困難になりかねません。

また、拡張性は、ユーザビリティを高めストレスなくマッチングシステムを使用していくために必要です。

マッチングシステム発注時には非機能要件についても十分に考えておきましょう。

開発実績が豊富な会社を選ぶ

現在、市場には数多くのシステム開発会社が存在しますが、専門とする分野は異なりますので、会社選びは十分に注意が必要です。

マッチングシステムの開発を依頼する場合は、マッチングシステムの開発実績が豊富な企業を選びましょう。

なぜなら、マッチングシステムの開発実績が豊富な企業は、実績を積むことで、スキルと経験が豊富な人材が育成され、成功事例などの情報が蓄積されているからです。

マッチングシステムの開発実績が豊富な企業が、マッチングシステムを開発する際には、スキルと経験が豊富な人材と蓄積された有効な情報が活用できるため、品質の高いマッチングシステム開発が期待できます。

マッチングシステム開発事例

マッチングシステムの開発事例として、オプスインのマッチングシステム開発事例の一部を紹介します。

結婚相談所の会員サイト・運営側基幹システム

大手結婚相談所のユーザー側である会員サイトの開発と運営側の基幹システムをマッチングシステムとして開発しています。

ユーザビリティーにすぐれた簡単なサイトで、婚活で悩みを抱えているユーザーのニーズを満たすように構成されています。

希望条件にマッチする相手を自動で探すマッチング機能や、相手への交際申込機能、会員同士のトーク機能などを実装しています。

多国籍求人マッチングプラットフォーム

日本語のスキルを活かして働きたい外国人労働者と企業をマッチングするWebサービスであるマッチングプラットフォームを開発しました。

10カ国以上同時展開しており各国ごとにカスタマイズが可能です。

通常の求人サービスに必要な機能はもちろんのこと、多言語対応や日本語能力検定機能などの機能も搭載しています。

スキルのCtoCマッチングサイト

個人間でスキルの交換を行えるCtoCマッチングサイトを開発しました。

英語の勉強を教える代わりに、料理を御馳走するなど、ユーザー間の相互扶助を促進するサービスとなっています。

マッチングシステム開発の流れ

マッチングシステム開発の流れとして、オプスインでのマッチングシステム開発の流れを紹介します。

ヒアリング

実現したいアイデアや機能、予算感などをヒアリングします。

必要な機能、不必要な機能、優先度が低い機能などを洗い出します。

見積もり

まずは初期リリースで開発する必要最低限の機能を確定し、お見積りを作成します。

要件定義

初期リリースで開発する機能の要件の認識合わせをし、より細かく定義します。

この後の設計や開発の手戻りを無くし、最速での初期リリースを目指します。

設計

プロダクト全体のインフラや、初期リリースで開発するシステムの機能を設計します。

後の機能追加や改修に対応するために柔軟に設計します。

開発

これまでに定義・設計した内容を元に、最速で開発します。

後の追加開発を考慮して拡張性の高いコーディングを行います。

保守・運用・継続開発

ユーザーからの反応を得ながら、機能追加・改善をしていきます。

マッチングシステムはオプスインにおまかせ

マッチングシステム開発は実績のある会社に依頼することが成功のポイントです。

オプスインは大手結婚相談所のマッチングシステムの開発など、実績が豊富な企業です。

そのため、膨大なユーザー数の利用に耐えうる高い堅牢性のマッチングシステム開発が可能となります。

現在、無料相談実施中ですので、お気軽にご相談ください。

アプリ・システム開発 無料相談実施中
株式会社オプスイン
システム・アプリ開発
オプスインでは、最短ルートでWebシステム開発・アプリ開発を成功に導く融通の利くシステム開発を行っております。
作りたいものがはっきりと決まっていない場合も、ヒアリングを通して、要件の明確化をサポートいたします。
無料相談実施中!お気軽にご相談ください!
役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次