BLOG

ブログ

女子高生・女子大生の美容室探しの多様化

サロン予約アプリとして圧倒的知名度を誇るホットペッパービューティー。

ホットペッパービューティーを介した美容室への予約数は年間およそ7090万件にのぼっています。

ホットペッパービューティーは若者女性の間でも知名度が高いアプリです。

しかし最近、若者女性の美容室探しが多様化しており、minimoやinstagramで予約を取る人が増えています。

若者女性を引きつけるこれらの予約方法にはどのような魅力があるのかを分析しました。

なお、オプスインでインターンをしている大学生の意見を 聞きながら調査しました。

■参考:HOT PEPPER Beauty最新データ集

 

 

サロン予約の王道アプリ ホットペッパービューティー

IMG_0200

参考画像:APPSTOREより

 

ホットペッパービューティーは国内最大級のヘア、ネイル、まつげ、リラク、エステサロンの予約アプリです。

サロン予約アプリとしては一番認知度が高く、20代から30代の使用率が約70%を占めています。

■参考:ONE’S corporationホームページ

 

<ホットペッパービューティーの考察>

 

ホットペッパービューティーは主にサロンから探す仕組みです。

利用している年齢層が広いため、登録されているヘアサロンス タイリスト数は15万名以上とminimoの三倍以上で、安心感があります。

実際、最近若者をターゲットにする美容師さんたちの間で流行しているインスタグラムでの集客方法をする際 にも、インスタグラムのプロフィールページにはホットペッパーのURLがリンクされており、予約はホットペ ッパーを介して行う美容師さんも多いようです。

美容師さんと個人的にメッセージをやり取りすることができないため、 相談事がある際は直接電話するしかありません。

 

若者に人気のサロン予約アプリ minimo

 

IMG_0199

参考画像:APPSTOREより

 

minimoは400万ダウンロードを突破し、株式会社mixiが運営するアプリです。

ホットペッパーについで人気が高いアプリで、 ミニモのホームページによると、ユーザー層の9割が10代・20代の女性で、SNSに近い感覚で予約ができるのがホットペッパービューティーとの主な違いです。

■参考:minimoホームページ

 

<ミニモの考察>

 

minimoは美容師さんをダイレクトに予約するアプリです。

美容師さんが得意としている技術が明確に示されているため、明確になりたいスタイルが決まっていたり、派手なカラーリングや特殊な技術を望む人にとって使いやすいと感じました。

ただし、美容師さんの口コミを見ることはできますが、美容室の口コミは分かりません。実際に行ってみて雰囲気が合わないと感じた美容室もあったため、美容院の雰囲気が気になる場合は自分で調べる必要があります。

 

トレンド好きな若者に人気の予約方法はインスタグラム

インスタグラムでどのように予約を取るのか。そして、美容師さんはインスタグラムをどのように活用しているのでしょうか。

3ヶ月予約が取れない人気美容師 cache cacheの前田渉さんのインスタグラムを例にご紹介します。

 

最近、女子高生や女子大生の間ではインスタグラムから自分の好みのスタイルを担当してくれる美容師さんを探し、 DM(ダイレクトメッセージ)で自分の髪の毛の状態などを相談した上で予約を取るのが流行しているようです。

実際に予約を取る際にはプロフィールに貼ってあるホットペッパービューティーのリンクから行うことが多いです。

前田渉さんのインスタグラムの投稿を見ると、 同世代のインスタグラマーさんたちがお店を訪れており、世界観が統一されています。
 


この投稿をInstagramで見る

Wataru Maeda(@wataru_magic)がシェアした投稿



前田さんがインスタグラムで写真を投稿する際には必ず#(ハッシュタグ)わたるマジックがついており、#わたるマジックを押すと前田さんが担当したスタイルがひと目でわかるようになっています。
インスタグラムのフォロワーが多い美容師さんほど信頼度が高い印象を受けるため、このような地道な努力がフォロワー獲得につながっているのだと思います。

 

また、美容師さんのストーリーでは気軽に質問に答えてくれたり、 急にキャンセルが出た場合にお知らせしてくれます。 他の予約アプリにはない機能なので、魅力的です。

 

※このストーリーは記事用に作成したものです

 

<インスタグラムの考察>

 

インスタグラムでは美容師さんが、 『自分に任せてくれたらこんなスタイルにします。』 『私は派手なカラーが得意です。』 といったように宣伝できるため、サロンアプリを使うよりも需要(お客さん側の希望スタイル)と供給(美容師さんの得意なスタイル)が一致しやすくなっているように思えます。

その点においてはminimoと類似しているなと感じました。

また、インスタグラムで美容師さんと繋がることで、その美容師さんのプライベートなインスタストーリーや写真が共有されることもあります。

美容院に行った際には長時間美容師さんと時間を過ごすことになるため、担当してくれる美容師さんがどんな人か、自分に合うのか、を事前に知るにはインスタグラムがピッタリだと思いました。

 

※カラーが得意な美容師、樗木佑太さんの投稿例


この投稿をInstagramで見る

ホワイトブリーチ/ケアブリーチ/ブリーチ(@yuta.oteki)がシェアした投稿


どんなシチュエーションでそれぞれのアプリを使うのか

ここまで3つのアプリを紹介してきましたが、具体的にどんなシチュエーションでそれぞれのアプリを使うのかを図にまとめてみました。

 

サロンアプリ-05

 

<結論>

行きつけの美容院や安心して任せられる担当美容師さんがすでにいる場合を除き、 特殊な技術を要する施術を希望する場合や、憧れのインスタグラマーさんと同じ美容師さんに施術してもらいたい場合 インスタグラムを利用しているのであればインスタグラムで美容師さんを探すのが一番効率が良いと感じました。

美容院を変えて、腕のいい美容師さんを探したいと思った時や、思いっきりイメチェンしたい時にはminimoやinstagramで自力で美 容師さんを探して冒険するのも一つの楽しみであると言えます。

しかし、美容師さんのアカウントがたくさんありすぎて比較しきれません。

美容師さんのアカウントをまとめて紹介し、条件を絞って検索できるサイトがあったら便利だと思います。

(例:表参道、カラーリング と検索すると、表参道周辺でカラーリングが得意な人のインスタグラムアカウントが出てくる)

実際に予約を取る際には、美容師さんを探した上で、その美容室の口コミを知りたい時はホットペッパービューティーを活用できると思います。

ホットペッパービューティーの予約システムやクーポン、ポイントのシステム自体は便利だと感じますが、美容師さんや美容室を探す方法は 多様化しています。

そのため、minimoやinstagramで受けた予約を一括で整理できるような、美容師さん個人が使う顧客管理システムの 需要が高まってくるのではないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 *が付いている欄は必須項目です