成果にコミットした、リモート中心のプロフェッショナル集団
img_ricruite_01
  • HOME »
  • 代表挨拶

img_greeting_01

働き方への疑問

株式会社オプスイン代表の狸塚と申します。
私は社会人になってから、ユーザー企業でのサービス開発、システム開発会社での受託開発や客先常駐といった、エンジニアとして多様な働き方をしてまいりました。
私は ユーザー企業のエンジニアとして同じシステムを開発/保守し続けていき、技術やツールが固定化されてしまうよりは、いろんなシステムの開発に携わり新たなものをどんどん吸収していく方が好みに合っていましたが、システム開発会社での働き方には疑問を思っていました。

img_greeting_02

受託開発とSES

システム開発会社では一般的に、事前に仕様を確定し、自社で開発したシステムを納品し、成果に対して報酬を頂く「受託開発」と、仕様の調整に柔軟に対応しながら、客先に常駐してシステム開発をし、稼働時間に対して報酬をいただく「SES」の2つの手法が取られています。

しかし、受託開発の場合、納品することがゴールとなってしまい。新しい技術への挑戦や、改善といったエンジニアリング本来の楽しみや成果が重視されない傾向があります。顧客にとっても初期費用が高い上に、仕様確定後のシステムの改善がしにくく、継続的にサービスを改善していくには不向きなところがあります。

一方で、客先常駐SESの場合、どれだけ成果をあげてもユーザーに価値をもたらしても、究極的に報酬は「時間」で支払われるため、やろうがやるまいがそこにいることに価値がでてしまいます。そんな状況ではマイナス(障害)を恐れるあまり早く改善するよりも、テストを厚くして遅く開発することが重視される傾向があります。結果的に顧客にとってサービス改善のスピードがでず、トータルの費用がかさむことがあります。

このように、システム開発会社での働きかたは、いろいろなシステムに携われるというメリットはあるものの、エンジニアがやる気をもって取り組むことを阻害してしまう部分があると思います。

img_greeting_02

顧客とエンジニア、双方にメリットのある開発スタイル

いろいろなシステム、技術、ツールに関わりながら、もっといきいきと働き、成果をだせる環境を作りたい。
そんな思いでオプスイン(OPS-in)を設立しました。

私たちが提案する、リモートを中心としたエンジニアリング業務委託は、受託開発と客先常駐SESの良いところを混ぜ合わせた、新しい開発のスタイルです。
週次のMTGで開発内容をきめてから、後は基本的にリモートで開発を進めることにより、顧客にとっては仕様調整を柔軟にできながら毎週成果を確認することができます。一方でエンジニアにとってはSESのように時間でなく成果を約束するため作業を効率化するインセンティブがうまれ、受託開発ほど仕様をがちがちに定めないため、新技術をためす余地があります。

img_greeting_02
PAGETOP
Copyright © ops-in All Rights Reserved.